2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

おすすめサイト

  • トリップパートナー

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ

« 南紀白浜から紀伊田辺へ 人気の一大スポット「とれとれパーク」訪問 | トップページ | 旅の終わりは・・奈良県「十津川村」紀行 »

2019年6月 9日 (日)

南紀一人旅6日目 熊野古道“中辺路”から熊野本宮大社へ

旅の終盤は、熊野古道・中辺路を歩きながら、熊野三山の最終聖地「熊野本宮大社」へ
昔の旅人は、熊野詣での苦難の旅の末に辿り着いた熊野本宮で、どんな祈りを捧げたのだろうか
中辺路の起点は「滝尻皇子」、王子とは王子社・神社のことで、熊野まで王子社を総称して九十九王子と呼びます
車を置いて、王子跡を訪ねながら、世界遺産の湯「湯の峰温泉」へ、つぼ湯は残念ながら入れません(30分交代制)
そして熊野本宮大社へ、全国3000社以上の熊野神社の総本宮、熊野信仰の中心聖地、創建2050年を迎えます
本殿は檜皮葺の古式ゆかしい重厚な社殿、参拝した後、旧社地にあたる世界遺産「大斎原」(おおゆのはら)へ
田んぼの中にそびえる大鳥居は何とも立派、帰りに「世界遺産熊野本宮館」を見学、奈良県十津川村へ向かいます

Dsc_0138_1 
 「熊野古道館」
Dsc_0143
中辺路起点、「滝尻王子」
 Dsc_0144_1
滝尻王子の古道
Dsc_0148
道の駅「熊野古道中辺路」と牛馬童子
 Dsc_0156_1
めはり寿しとゆで卵で朝食
Dsc_0152_3
車を置いて熊野古道を歩く
Dsc_0162_1
 「野中の清水」、名水百選に指定
Dsc_0165
熊野古道案内板・道標
Dsc_0167
「湯の峰温泉」
Dsc_0169
「つぼ湯」、参詣道の一部として世界遺産に登録、30分交代で入浴、すでに先客が・・
Dsc_0202_1
「熊野本宮大社」、一の鳥居
Dsc_0186_1
八咫烏(やたがらす)、サッカー日本代表のシンボルマークで有名
Dsc_0178 
本殿までの参道は長い石段が続く
Dsc_0179_1
新元号「令和」の書
Dsc_0180_1
「神門」
Dsc_0184
静寂の「本殿」
Dsc_0182
旅の終着点はここかな・・
Dsc_0199
「世界遺産熊野本宮館」
Dsc_0190_1
「大斎原(おおゆのはら)」、旧社地
Dsc_0194

Dsc_0197 
田んぼに写る、高さ33.9mの大鳥居、まさに壮観

熊野本宮から予定では「高野龍神スカイライン」へ向かう予定でしたが、迷った末、奈良県中津川村へ
ここまで来ると旅も終わりかな・・、野菜も心配だし、このまま帰ろうかな・・
                                                               (次号へ)

※昨日からパソコンが突如動かなくなりました、早速修理に鴻巣のパソコンハウスに持って行きます
  昔のノートパソコンで何とか凌いでますが、ブログ更新できるか、この先どうなるか心配・・・




« 南紀白浜から紀伊田辺へ 人気の一大スポット「とれとれパーク」訪問 | トップページ | 旅の終わりは・・奈良県「十津川村」紀行 »

2019年5月 南紀一人旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南紀白浜から紀伊田辺へ 人気の一大スポット「とれとれパーク」訪問 | トップページ | 旅の終わりは・・奈良県「十津川村」紀行 »